ケアマネジャーがケアマネジャーたりうる為に、私たちの言葉や想いを紡ぎます。

サ高住等における適正なケアプラン作成に向けた調査研究報告書を読む!

天晴れ介護サービス総合教育研究所株式会社
代表取締役
榊原 宏昌

介護現場をよくする研究・活動を仕事としています!

京都大学経済学部卒業後、特別養護老人ホームに介護職として勤務。社会福祉法人、医療法人にて、生活相談員、グループホーム、居宅ケアマネジャー、有料老人ホーム、小規模多機能等の管理者、新規開設、法人本部の仕事に携わる。
15年間の現場経験を経て、平成27年4月「介護現場をよくする研究・活動」を目的として独立。
介護福祉士、介護支援専門員
執筆、研修講師、コンサルティング活動を行う。
著書、雑誌連載多数(日総研出版、中央法規出版、ナツメ社など)。
年間講演、コンサルティングは300回を超える。ブログ、facebookはほぼ毎日更新中。
オンラインセミナー、YouTubeでの配信も行っている。

サ高住等のケアプランの現状と課題、不適切事例と対応方法について、
まずは知って頂きたいと思います

サ高住等における適正なケアプラン作成に向けた調査研究報告書

ケアマネジャーにとっては大変重要な報告書が公表されました。

サービス付き高齢者向け住宅等における
適正なケアプラン作成に向けた調査研究報告書

令和4年3月 株式会社日本総合研究所

この調査研究の背景と目的を要約すると……

とされていて、高齢者住まいにおける過剰サービスの課題は、
ケアマネジメントの課題である、と位置付けられています。

また、問題意識・基本方針としては……

とされていて、本文でも最後にご紹介しますが、
ケアマネジャーのみではなく、高齢者住まい側にも行動変容を促すものであり、
さらに、消費者(入居者・家族)に向けても、啓発する内容が含まれています。

この点は非常に重要なポイントだと思います。

アンケート調査から見える実態

いくつか、興味深い調査結果について列挙します。

■利用者本位のケアマネジメントの実践状況

利用者本位のケアマネジメントの実践状況については、
「実践されている」が21.7%
「やや実践されている」が45.5%
である。
※ここまでで7割弱

一方で、「全く実践されていない」と考えている回答者も
全体の7.4%存在する。

■ケアマネジメント・ケアプラン作成にあたり問題となり得ること

ケアマネジメント・ケアプラン作成にあたり問題となり得ることとして、

が上位となっている。
※これらの内容が4割前後

■問題となり得るケアマネジメント・ケアプランの原因・背景

ケアプランの内容に関する問題(以下(ア)~(オ))について、
「運営法人からの指示・指導」を原因とする割合が70%以上となっている。
介護人員等の不足については、20~30%程度あった

(ア)事業者の都合により、同一住宅・ホーム内の利用者のケアプランが画一的なものとなっている
(イ)事業者の都合により、区分支給限度基準額一杯まで同一法人による介護保険サービスを設定したケアプランが多い
(ウ)事業者の都合を意識することで、利用者にとって必要な介護保険サービスがケアプランに位置づけることが難しい場合がある
(エ)住宅・ホームの事業者から、同一法人(併設含む)の訪問介護や通所介護などの利用を区分支給限度基準額一杯までケアプランに設定してほしいといった要請がある
(オ)基本的には、住宅・ホームと同一法人が提供するサービスを優先し、ケアプランが作成されている

■住宅・ホームの抱える課題

住宅・ホームの抱える課題としては、
「介護スタッフが定着しない」が50.0%と最も高い。

■居宅介護支援事業所の悩みと課題

居宅介護支援事業所の悩みと課題として、

が上位となっている。

いかがでしょうか。
ケアマネジメントそのものの課題もありますが、やはり、高齢者住まい側の課題も多い、ということが分かる調査結果になっていることと思います。

3つの冊子は熟読し、活用すべき内容!

本調査研究の成果物として、報告書の他に、以下の3つの冊子が公表されました。

これは、ケアマネジャーの皆さんには是非熟読して頂きたい内容です。

まずは、ケアマネジャー向けの冊子ですが、

気になる「不適切」の内容ですが、以下のようにまとめられています。

具体的な事例も豊富ですし、それぞれの事例に対する考え方も明解なので、
ぜひ、事業所での研修等でもご活用頂けたらと思います。

次に高齢者住まい運営事業所向けの冊子についてですが、
基本的な考え方や不適切事例については、ケアマネジャー向けの冊子と同様です。

ただし、高齢者住まい側が気を付けるポイントとして、以下のものが挙げられています。

ただ、こうした内容について高齢者住まい側が自発的に学び、改善してくれればよいのですが、
そういう事業所ばかりでないのも実際でしょう。

ケアマネジャーが単独で、「こういう冊子が出ましたので、改善して頂けませんか?」と言っても
とり合ってもらえない場合が多いのではないかと思います。

なので、今回、こうした冊子も出たことなので、
ケアマネジャー側も「居宅介護支援事業所」として、
高齢者住まい事業所とお話することも有効なのではないか、と考えます。

最後に、消費者(入居者・家族)向け冊子についてですが、
改めて「ケアマネジャーとは」「ケアプランとは」について平易に説明されています。
これは、ケアマネジャーにとっても、再度確認しておくべき内容です。

その他、「ケアマネジャーの選び方」についても言及されているので、確認しておきましょう。

そして、現に入居されている方に向けたチェックリストも示されています。
ほとんどの内容がケアマネジャーについてのものになりますので、これも確認しておきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

具体的な事例等は、報告書や冊子をお読み頂くとして、
内容について興味を持って頂けたのではないかと思います。

最後に、私が考える「高齢者住まい」のメリットについて挙げてみたいと思います。


ただ、高齢者住まい運営法人のサービスを使うことによるメリットもあるでしょう。


いずれにしても、

が重要であることを、お伝えしておきたいと思います。


本報告書、冊子を武器にして、胸を張ってケアマネジメントが行えるように、
頑張って頂きたいと思います。

今回のガイド動画はこちらからご覧頂けます!

天晴れ介護サービス総合教育研究所オフィシャルサイト

中央法規、日総研、ナツメ社等の著書一覧

天晴れ介護サービスのセミナー動画(経営から現場まで150本以上!)

週刊メールマガジン「介護現場をよくする研究&活動通信」

天晴れ介護サービス総合教育研究所「YouTubeチャンネル」

天晴れ介護サービス総合教育研究所「公式LINE」

朝日新聞系列の専門職サイト(毎日ブログを更新しております)

facebookアカウント(年間300回の講演・コンサルティング等の活動)

活動記録もっと見る

リンク