ケアマネジャーがケアマネジャーたりうる為に、私たちの言葉や想いを紡ぎます。

ケアマネジャー試験対策を活用して自己研鑽&職員教育を!

天晴れ介護サービス総合教育研究所株式会社
代表取締役
榊原 宏昌

介護現場をよくする研究・活動を仕事としています!

京都大学経済学部卒業後、特別養護老人ホームに介護職として勤務。社会福祉法人、医療法人にて、生活相談員、グループホーム、居宅ケアマネジャー、有料老人ホーム、小規模多機能等の管理者、新規開設、法人本部の仕事に携わる。
15年間の現場経験を経て、平成27年4月「介護現場をよくする研究・活動」を目的として独立。
介護福祉士、介護支援専門員
執筆、研修講師、コンサルティング活動を行う。
著書、雑誌連載多数(日総研出版、中央法規出版、ナツメ社など)。
年間講演、コンサルティングは300回を超える。ブログ、facebookはほぼ毎日更新中。
オンラインセミナー、YouTubeでの配信も行っている。

何事も基礎が大事です。一通りの業務をこなせるようになった今こそ、
学び直しをお勧めします!

ケアマネジャー試験対策講座より

7月~9月の夏の間は、
毎年、ケアマネジャー試験対策のお仕事をいくつか頂きます。
2022年の今年は試験日が10月9日、合否発表が12月2日予定となっています。

試験の内容としては、皆さんご承知のとおり、
介護支援分野(介護保険制度とケアマネジメント)
保健医療サービス分野(疾患等の基礎知識、医療系サービス)
福祉サービス分野(ソーシャルワーク、生活保護等各種制度、福祉系サービス)
となっており、全分野を解説していくセミナーを今年も担当しています。

そこで、最近驚いているのは、
受講生の3~4割現役のケアマネジャーや、
ケアマネジメントに直接関連のない本部職員だったりするのです。

こちらが「役立ちますよ!」とお誘いしたのもありますが、
「もう一度しっかり基本から勉強したい」
「介護保険制度を学び直したい」

というのが参加理由とのことです。

受験対策をやっていてよく聞かれるのが、
「試験勉強と実務とは違うでしょ?」ということです。

もちろん試験勉強と実務とは全く同じではないでしょうが、
実務を支える基礎知識という意味では、
きちんと勉強をすれば、こんなに役に立つものはない、と思っています。

表面的な勉強をしたら丸暗記だけに終わってしまいますが、
丁寧に勉強をして内容を理解すれば、
実務に役立つものだらけなのが試験対策の内容だと、
私は確信しています。

実務研修も同様で、
特に実務研修の時間数は、従来44時間だったものが、
2016年度の研修から87時間に変更され、
その内容はかなり実践的なものになっています。

試験対策のテキスト+実務研修のテキストをしっかり読み込めば、
市販されているケアマネジャー向けの書籍やセミナーと同様、
相当な学びになることは間違いないと考えています。

事実、試験対策セミナーに参加された現役ケアマネジャーや本部職員の方は、
「いやあ、本当に勉強になりました!」
「もっと前に受けておけばよかった!」と言って、
喜んで帰っていかれます。

私も含めて、受験をする時にはそこまで深く理解ができないでしょうし、
また独学では限界もある、ということなのだと思います。

ケアマネジメントとは?

ケアマネジャーの業務は多岐に渡り、
かつ要求される知識も幅広いため、
ケアマネジャー自身も自らの仕事を見失ってしまうことがありますが、
そんな時に思い出してほしいのがケアマネジメントの定義です。

様々な定義がありますが、
私が一番気に入っているのが、
「利用者のニーズ」と「社会資源」を結びつけるのが「ケアマネジメント」
というものです。

こう考えると、とてもシンプルなものに思えてきますが、
ニーズも社会資源も、なかなか奥深いものです。

利用者のニーズを把握するには、アセスメント力が必要になります。
アセスメントを適切に行うには、面接の技術も必要でしょうし、
ベースには医療知識、認知症の知識、介護の基本的な知識も必須です。

そして、把握したニーズから目標を設定し、
目標を達成させるためのサービス内容を提案できないといけません。

一方で、把握したニーズを解決できる社会資源とのマッチングを図らないといけません。
介護保険サービスがメインにはなるでしょうが、
この介護保険サービスも多種多様ですし、
地域のサービスを把握している必要があります。

そして、社会資源は介護保険サービスだけではありません。
医療保険サービス、障害福祉サービス、市町村サービス、
生活保護、成年後見制度などの各種制度、
インフォーマルサービス、利用者固有の社会資源があります。

ケアマネジャーはこれらに習熟し、
利用者のために活用することが求められます。

これだけでも、相当の専門性、知識、スキルが要求されますが、
これらの背後には法令があり、その遵守が求められます。

居宅介護支援の運営基準、介護報酬算定基準はもとより、
活用する社会資源の側の法令、例えば通所介護の加算・減算等の知識もある程度必要になります。

基準は「ルール」と読み替えれば分かりやすいでしょう。
ルール違反にならないためにも、ルールの理解が必要になります。

以上、かなりの質・量の知識が求められますが、
これらの基礎知識は、ほとんど試験対策の範囲に盛り込まれているのです。

ケアマネジャー試験の主な内容

以下、3分野それぞれの試験対策の内容です。
(弊社制作の動画講座より)

 ■介護支援分野

  1.データ(高齢化・家族・介護サービス)
  2.保険用語と意味
  3.介護保険制度の全体像
  4.介護保険制度の改正と背景
  5.介護支援専門員
  6.居宅介護支援
  7.介護予防支援
  8.ケアプラン
  9.ケアマネジメントの比較
  10.被保険者
  11.16の特定疾病
  12.被保険者の資格得喪・届出
  13.要介護認定
  14.認定の申請と期間
  15.保険給付一覧
  16.特例サービス
  17.他法との給付調整
  18.地域支援事業と介護保険
  19.現物給付と償還払い
  20.介護報酬の支払いの流れ
  21.第1号保険料
  22.第2号保険料
  23.保険財政
  24.居宅サービス共通基準
  25.介護保険施設共通基準
  26.居宅介護支援の基準
  27.居宅介護支援の介護報酬
  28.保険者
  29.介護保険事業計画
  30.各委員会・審査会

 ■保健医療サービス分野

  1.高齢者の心身機能・疾病
  2.医学的診断・医療との連携
  3.在宅での医療管理
  4.バイタルサインと検査値
  5.高齢者に多い疾患と治療
  6.急変時の対応
  7.感染症
  8.認知症の介護
  9.高齢者の精神障害
  10.リハビリテーション
  11.ターミナルケア
  12.薬の知識
  13.栄養・食生活
  14.介護技術の展開
  15.訪問看護
  16.訪問リハビリテーション
  17.居宅療養管理指導
  18.通所リハビリテーション
  19.短期入所療養介護
  20.小規模多機能型居宅介護(看護小規模多機能型居宅介護)
  21.定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  22.介護老人保健施設
  23.介護療養型医療施設・介護医療院
  24.地域別の介護報酬
  25.集合住宅の減算・各種委員会・会議

 ■福祉サービス分野

  1.ソーシャルワーク
  2.社会資源の活用
  3.ICF(国際生活機能分類)
  4.障害者総合支援法
  5.生活保護制度・生活困窮者自立支援法
  6.虐待・後期高齢者医療制度
  7.成年後見制度・日常生活自立支援事業
  8.高齢者住まい法・老人福祉法
  9.個人情報保護法・育児・介護休業法
  10.訪問介護
  11.訪問入浴・ 短期入所生活介護
  12.通所介護
  13.療養通所介護
  14.福祉用具貸与・特定福祉用具販売・住宅改修
  15.特定施設入居者生活介護
  16.夜間対応型訪問介護・認知症対応型通所介護
  17.小規模多機能型居宅介護
  18.認知症対応型共同生活介護
  19.介護老人福祉施設

いかがでしょうか?
これらを効率的に勉強できると思えば
試験対策は使える!と思われないでしょうか?

また、福祉分野のソーシャルワークの内容に含まれる
バイスティックの7原則というものがありますが、
これは対人援助をする上では大変重要な内容です。

さらにこれは、職員育成のためにも使えそうだと最近改めて気付きました。
管理職研修の内容にも入れようと考えているところです。

ケアマネジャー試験対策を活用して自己研鑽&職員教育を!

ケアマネジャーは個人で動くことが多い仕事なので、
ややもすると自己流に陥りがちです。

また、私自身も含め、福祉職出身のケアマネジャーが多いため、
医療系サービスに苦手意識を持っている人もいるでしょう。

なので、自己研鑽が必要ですし、
事業所においては教育が重要になってくるのですが、
管理者自身もプレイングマネジャーとしてケースを担当しているため、
管理・育成にまで手が回っていないことが多いものです。

自己研鑽、教育を行う時の一つのヒントが試験対策の内容にあると考えます。
基本的なテキストを読み返してみましょう。
事業所で活用してみましょう。
そして、法人の後輩達で受験する職員さんのための講座を開いてあげましょう。
自らのスキルアップとともに、周囲の人に喜んでもらえること間違いありません。

私が試験対策の仕事を通して得たものは、
全範囲に渡る基礎知識です。

受験の時ではなく、実務を行った上で読むからこそ、
本当に使える知識として得ることができました。
実務をこなす上では、実際のケースに当たらない内容は身につかないものですが、
試験対策だとまんべんなく知識が得られるところが魅力です。

しかも、3年ごとにテキストも改訂されるので、
定期的なアップデートも行うことができます。

そして、良かったなと思うのが
これら基礎知識を持つことによる自信です。
過信はいけませんが、ある程度の基礎知識を有しているということは、
他の専門職や行政の人と一緒に仕事をする上で、
自分の基盤となるものでした。

また、様々な国の資料を読む上でも、
基礎的な用語や仕組みを理解できていることは大いに役立ちました。

ぜひ、ケアマネジャー試験対策を活用して、
自己研鑽&職員教育を行って頂きたいと思います。

今回のガイド動画はこちらからご覧頂けます!

ケアマネジャー受験対策講座2021-2023

天晴れ介護サービス総合教育研究所オフィシャルサイト

中央法規、日総研、ナツメ社等の著書一覧

天晴れ介護サービスのセミナー動画(経営から現場まで150本以上!)

週刊メールマガジン「介護現場をよくする研究&活動通信」

天晴れ介護サービス総合教育研究所「YouTubeチャンネル」

天晴れ介護サービス総合教育研究所「公式LINE」

朝日新聞系列の専門職サイト(毎日ブログを更新しております)

facebookアカウント(年間300回の講演・コンサルティング等の活動)

活動記録もっと見る

リンク