ケアマネジャーの脱電話

合同会社鐵社会福祉事務所 代表社員 てつ福祉相談室 管理者鐵(てつ)宏之

■情報伝達に用いる電話は非効率です。

皆さん、1日の電話対応はどれくらいありますか。利用者や家族、サービス事業所とのやり取りなど色々あるのではないでしょうか。事業所の人数が増えると他ケアマネジャー宛の電話を取り次いだりメモを取ったりと一日中電話で終わってしまうということを経験したことは一度や二度ではないのではないでしょうか。業界で日常となっている電話をしている光景を改めていく必要があると私は考えます。

図表1 平成27年度居宅介護支援事業所及び介護支援専門員の業務等の実態に関する調査研究事業より抜粋

図表1は、平成27年度のケアマネジャー1人あたりの1ヶ月あたりの業務時間を表しています。この中で斜線部分が1月に占める電話の時間となります。担当数が30名を超えると15時間以上となっていることが分かります。実務では他職員の電話への応対、電話により業務の手が止まる為、実時間はこれ以上ではないかと思われます。8時間勤務との場合、1日1時間以上電話をしている訳です。...

続きは無料登録で
この記事は限定です。無料登録すると続きをお読み頂けます。