ケアマネジャーがケアマネジャーたりうる為に、私たちの言葉や想いを紡ぎます。

保険者とどう付き合うか~ローカルルールや地域ケア会議を題材に~

講師:三原 岳 氏

「なぜ市町村が保険者なのか?」

それぞれの地域に、それぞれの地域に合わせたローカルルールが存在し、

その地域のケアマネは、

それはなぜなのか?何が根拠なのか?

ちゃんと把握せずに、従っていたかもしれません…

今回グループワークを通じて、地域ごとにケアマネの

“色”があることも感じました。

住民にとって最も身近な市町村に保険者を委ねたが、その結果、地域差に合わせるような形でローカルルールも生じるようになった。

ケアマネジャーとして、地域の実情を把握しながら、必要なケアができるように、市町村と連携しつつ、インフォーマルケアへの配慮が求められている。

自分もケアマネジャーとしてお客様に、地域の皆さんに何が出来るか、考えさせられた研修でした。

活動記録もっと見る

リンク