ケアマネジャーがケアマネジャーたりうる為に、私たちの言葉や想いを紡ぎます。

現役ケアマネが教えるストレスを溜めず効率良く仕事をする方法

講師:宮﨑直樹氏 紡ぐ会会長 (介護屋みらい 代表取締役)

●段取り8割・実行2割・・・信念

・当月の仕事は当月に終わらせる。

・ケアマネージャー(相談援助者)

書類・・・100%ないといけない物⇒介護保険上揃えておかないといけないもの。実地指導でクリアするもの(40点の書類でクリア出来る)

・ケアマネの仕事はきっちりその月に終わらせられるはず(仕事の効率)

<準備>

・自分の仕事が何に何分かかるか把握する。

⇒なぜか?

●分空いたら、何の仕事が出来るか把握することが出来る。

・やらなければいけない事を書き出す。自身、精神的に参る、誰も助けてくれない。

・日々の業務=プライオリティ(優先順位)簡単なものから手を付ける。

<モニタリング>

・戻ったら、メモに手を付ける前にモニタリング・支援経過を打ち込む。

モニタリング・・・事務所に帰る途中に自分の中でまとめる。

<担当者会議>

・〇〇の為の担当者会議

・担会前に下書きを作成しておく。

・書類の作り方とタイミング

<アポイント>

・訪問時間は空けない方が良い。

・モニタリングは22日までに終了する。

2時間あっという間でした。効率良く、当月中に仕事を終わらせることが出来れば、利用者様の支援がしやすくなったり、ストレスを溜めることなくケアマネ業務を続けられるのではと感じました。

活動記録もっと見る

リンク