ケアマネジャーがケアマネジャーたりうる為に、私たちの言葉や想いを紡ぎます。

「適切なケアマネジメント手法」から学ぶ!

天晴れ介護サービス総合教育研究所株式会社
代表取締役
榊原 宏昌

介護現場をよくする研究・活動を仕事としています!

京都大学経済学部卒業後、特別養護老人ホームに介護職として勤務。社会福祉法人、医療法人にて、生活相談員、グループホーム、居宅ケアマネジャー、有料老人ホーム、小規模多機能等の管理者、新規開設、法人本部の仕事に携わる。
15年間の現場経験を経て、平成27年4月「介護現場をよくする研究・活動」を目的として独立。
介護福祉士、介護支援専門員
執筆、研修講師、コンサルティング活動を行う。
著書、雑誌連載多数(日総研出版、中央法規出版、ナツメ社など)。
年間講演、コンサルティングは300回を超える。ブログ、facebookはほぼ毎日更新中。
オンラインセミナー、YouTubeでの配信も行っている。

「適切なケアマネジメント手法」のねらいと内容を学んで頂き、
ぜひ日常の業務でご活用頂きたいです

適切なケアマネジメント手法とは

皆さんは「適切なケアマネジメント手法」についてご存知でしょうか?
最近は、法定研修のカリキュラムにも入る
ということで話題になっています。

第190回介護給付費分科会でも
「論点②質の高いケアマネジメント」について問題提起がなされています。

その資料の中で「適切なケアマネジメント手法の策定(2016~2026年)」として、

ニッポン一億総活躍プラン(平成28年6月2日閣議決定)において、
自立支援と介護の重度化防止を推進するため、
介護記録のICT化を通じた業務の分析・標準化を進めることにより、
適切なケアマネジメント手法の普及を図ることなどが指摘されている。
このため、
①ケアマネジメントの標準化について概念の整理を行い、
②一定の条件を定め、「想定される支援内容」を整理、
③分析に最低限必要な知識の整理等を行っているところ

との内容が示されました。

本稿では、長らく課題とされてきた「適切なケアマネジメント手法」について、
課題や目的、具体的内容について見ていきたいと思います。

提示された課題と目的

課題としては、

制度発足後今日まで、
介護支援専門員の経験の差やほかの職種との関係性、
所属事業所の環境等
によって、
ケアマネジメント(インテーク~モニタリング迄)のプロセスにおける
アプローチ方法に差異が生じている

との指摘がされています。

将来の生活の予測に基づいた支援を組み立てるには、
根拠に基づいて整理された知見に基づいた実践が求められるが、
支援内容の体系が整理されていないため、
属人的な、経験知だけに基づく実践となっている場合もある、

とされており、ケアマネジメントの標準化、
自立支援・重度化防止に資するケアマネジメント、
科学的介護、AIの活用とも連動する内容と言えるでしょう。

目的としては、

介護支援専門員個々が作成するケアプランの内容や
ケアマネジメントに関するばらつきの縮小を目的として、
一定の条件下において想定される支援内容の整理と共有化を試みたもので、
こうした整理により、介護支援専門員に対し必要な知識を付与することで、
既に実施しているケアマネジメントプロセスにおいて、
かかりつけ医等多職種の助言、情報を有効に活用でき、
効果的なアセスメントを可能にし、
サービス担当者会議の機能を高め、
結果として、現在の生活課題の把握及び生活の将来予測が可能となり、
多職種との役割分担や協働の推進、
ひいてはケアマネジメントの質の向上を図ろうとするものである
(ケアマネジメントにおけるアセスメント/モニタリング標準化
「脳血管疾患」及び「大腿骨頸部骨折」がある方のケア、
平成30年3月31日株式会社 日本総合研究所)より

とされています。

適切なケアマネジメント手法の具体的な内容

では、具体的な中身はどういうものかと言うと、
要介護状態となった原因疾患と状態
(退院後から在宅での生活が安定するまでの期間)に着目し、
同じ原因疾患や状態に対して必要性が想定される支援内容のパターンを
「標準的な支援内容」として整理したもの
になっています。

疾患別の内容としては、
「脳血管疾患」「大腿骨頸部骨折」「心疾患」
認知症」「誤嚥性肺炎の予防」
が挙げられています。

ただし、これら標準として整理された支援内容はあくまでも「仮説」であって、
利用者の一人ひとりに対し、その心身の状況や生活の状態に応じて、
その人にとって必要な支援内容は異なるものであり、
本標準項目で示しているのは想定されうる支援内容であって、
この標準を出発点として、
アセスメントの結果を踏まえた個別化

(その人のニーズに応じた個別的なケアプラン案の作成)が必要であることも
強調されています。

脳血管疾患について例を挙げると、
脳血管疾患、Ⅰ期(退院後3ヵ月までの間)、
Ⅱ期(退院後4ヵ月目以降)と分かれていて、
例えば後者のⅡ期ですと

① 継続的な再発予防
1.血圧や疾病の自己管理の支援
2.服薬の自己管理
3. 生活習慣の維持

②セルフマネジメントへの移行
1.心身機能の見直しとさらなる回復・維持
2.心理的回復の支援
3.活動と参加に関わる能力の維持・向上
4.リスクの管理

と項目が整理されています。

以上をふまえた上で、
報告書は「本編」と「項目一覧」からなっており、
その関係性は以下のように示されています。

つまり、全体像が俯瞰しやすい「項目一覧(一覧表)」と、
基本ケアも含めた詳細について記載されている「本編(本標準項目)」があり、
必要性に応じて使い分けながら、
適切なケアマネジメントを学び、実践で活用できるように構成されています。

「項目一覧(一覧表)」は以下のようなかたちになっています。
長期/短期の支援、支援内容についてのキーワード、
支援を行う者(例示)、支援の概要、必要性等、
適切な支援内容とするための主なアセスメント項目、
主なモニタリング項目、相談すべき専門職といった内容が整理されており、
ケアマネジャーがアセスメント、ケアプラン作成、
モニタリングを行う際に漏れが出ないように、
かなり細かく作り込まれています。

そして、「本編(本標準項目)」においては、
基本ケアの整理とともに、
先の項目におけるより詳細な留意点や基礎知識について
解説がされています。

おわりに

以上、いかがでしたでしょうか。

「適切なケアマネジメント手法の策定に向けた
調査研究事業 報告書(令和2年3月株式会社日本総合研究所)」の中の
「介護支援専門員による評価」を見ると、

という意見がある一方で、


といった意見が印象的でした。

いずれにしても、経験や知識等にばらつきが生じやすいケアマネジャーの業務に
一石を投じる内容
であると考えますし、
課題とされている医療との連携においても効果を発揮するものと思います。

YouTubeではオフィシャルの解説動画も公開されています。
ぜひ、皆さんの職場でも活用してみてはいかがでしょうか。

天晴れ介護サービス総合教育研究所オフィシャルサイト

中央法規、日総研、ナツメ社等の著書一覧

天晴れ介護サービスのセミナー動画(経営から現場まで150本以上!)

週刊メールマガジン「介護現場をよくする研究&活動通信」

天晴れ介護サービス総合教育研究所「YouTubeチャンネル」

天晴れ介護サービス総合教育研究所「公式LINE」

朝日新聞系列の専門職サイト(毎日ブログを更新しております)

facebookアカウント(年間300回の講演・コンサルティング等の活動)

活動記録もっと見る

リンク