ケアマネジャーがケアマネジャーたりうる為に、私たちの言葉や想いを紡ぎます。

コンテンツ+コーチング+コミュニティ そして「〇〇〇〇〇」の実現!

天晴れ介護サービス総合教育研究所株式会社
代表取締役
榊原宏昌

介護現場をよくする研究・活動を仕事としています!

知識や情報を得ることは大切ですが、同時に実践や仲間づくりの重要性を伝えたいです。


■はじめに

天晴れ介護サービス総合教育研究所の榊原です。
はじめましての方もいらっしゃるでしょうか。
ケアマネジャーを紡ぐ会では、研修でお話をする機会をいただいています。

資格は介護福祉士と介護支援専門員を持っていて、
介護現場で15年間経験した後、
介護現場をよくする研究・活動をしよう、ということで
天晴れ介護サービス総合教育研究所を設立し、
執筆、研修、コンサルティングの仕事をしている者です。

そんな立場から、今日は、
「コンテンツ」+「コーチング」+「コミュニティ」について
お伝えできれば、と思います。

なお、文末に、本稿のガイドとなる動画をつけましたので、あわせてご覧頂けたら、と思います。


■「コンテンツ」とは何か?

まず、「コンテンツ」についてですが、
これは直訳すれば、「内容」「中身」ということになります。
ここでは、勉強や研修等で得られる「知識」「情報」「ノウハウ」「マニュアル」
といった内容だと理解していただきたいと思います。

これらは、とても大切なもので、
こうした「コンテンツ」を学ぶことで、
理解が深まったり、視野が広がったりします。
それにより、問題解決のヒントを得られるだけでなく、
理想像がさらに明確になったり、より高いものを目指せるようになることもあるでしょう。

また、理想が学びを作り、学びがさらなる理想を作る、という
「学びの好循環」も期待できます。
こうしたコラムをお読みの皆さんは、
きっとこのような感じで日々過ごされているのではないでしょうか。


■「コーチング」の重要性

「コンテンツ」の有用性は、先に述べたとおりですが、
知識やノウハウを「学ぶ」だけでは、現実をよくしていくことはできない
ということを、皆さんは既によく知っているのではないか、と思います。

つまり、学んだことの「実践」が必要だ、ということです。

「実践」、しかも、ある程度「継続」して実践し続けないと、
物事はよくなっていかないでしょうし、狙った効果も上がらないことが多いものです。
しかし、この「実践」そして、その「継続」ということは、
「学ぶ」こと以上に難しいものです。

そのために「コーチング」ということが大事になってきます。
これは一般的な意味での「コーチング」とは少し異なるかもしれませんが、
「実践」に伴走し続けてくれる「コーチ役」とお考えいただけたらと思います。

これは、私自身が最近特に実感していることで、
目の前の仕事に追われるあまり、本当に重要なことが手つかずで、
どんどん先送りになってしまっている状況
がありました。
なので、このままではいけない、と一念発起し、
「コーチ」を付けることにしたのです。

現在、定期的に面談を受けて、
目標、取り組み、結果、対策について、毎回ディスカッションをしています。
そうすることで、実践が継続的に可能となり、
実践がさらなる実践を生み、行動が加速されてきたのを感じます。
また、実践することで壁にぶつかることもありますが、
そんな時に、コーチからヒントをいただくこともあります。
客観的に見てもらうことで、自分では気づかなかった点を知ることができます。

また、現実は思う通りにいくことばかりではありません。
そんな中、イライラした気持ちで仕事にあたることは、
決して良い結果を生まないものです。
こうしたイライラについても、当事者ではないコーチに話を聞いてもらうことで、
精神的な安定を得ることもできます。

先日、コーチから頂いた言葉があります。
「コーチのいないコーチを信頼してはいけない」という言葉でした。
コーチ役ができるほどの人でも、
誰か客観的に見てくれる人がいないと成長が止まってしまうし、
一人では精神的な安定を継続することは難しい、ということでしょうか。

私自身は、執筆、研修講師、コンサルティングを業とする者なので、
まさに当てはまる言葉でした。
ただ、これは、ケアマネジャーの皆さんにも当てはまるのではないでしょうか?
利用者の目標達成に向けて計画を立て、伴走する、という意味では同じように思います。

「コーチ役」については、職場においては、
第一義的には「上司」がその役になるものと思いますが、
現実をよいものにしていくためにも、
何かしら、実践を継続できる環境を整えることをおススメします。


■「コミュニティ」の助けを得る!

最後に、「コミュニティ」についてです。

「コンテンツ(=知識、ノウハウ)」だけでなく、
「コーチング(=実践の継続)」が大事と説明しましたが、
1対1のコーチングは時にしんどくなる場合もあります。
成果が出ている時はよいのですが、
そうでない時は、1対1の閉じた関係は苦しくなってしまうことがあるのです。

そんな時に「コミュニティ」の存在が重要になります。
これは「責任」や「権限」を負った「上下」の関係性ではなく、
「横」のつながり、といってよいでしょう。

つまり、ケアマネジャーの皆さんでしたら、
一緒に働く同僚や、地域の関係者、
そして、ケアマネジャーを紡ぐ会の仲間たち、ということになります。

こうした「コミュニティ」からは何が得られるでしょうか?
それは、ちょっと分からないことがあった時にサポートしてもらえたり、
愚痴を聞いてもらえたり(もちろん相手の愚痴を聞くこともあるでしょう)、
また、頑張っている仲間から刺激を受けて、自分も頑張ろう!と思えることもあります。

学びや実践を継続させていくためには、
上下のコーチングだけでなく、こうした横のつながり、
「コミュニティ」の存在がとても大切なのです。

先に述べた、一緒に働く同僚をはじめとして、
法人を越えた地域の関係者、
そして、地域も越えたケアマネジャーを紡ぐ会の仲間たちなど
様々な層のコミュニティを持つことはとても有益なことだと思います。

さらには、ケアマネジャーという仕事の枠を越えたコミュニティも、
ケアマネジャーとして仕事を客観視するために大切かもしれません。


■おわりに

ここまで、コンテンツ、コーチング、コミュニティのお話をさせていただきましたが、
いかがでしたでしょうか?

最後に、これら、学びや実践、仲間づくりを通して、
一体、何を実現するのか? という「コンセプト」の大切さについて
問いかけをしておきたいと思います。

皆さんは、現実に対しどのように考え、何を課題とし、
どんな新しい現実を作っていきたいと考えていますか?

新しい年度のはじめに、改めてこうしたことを考えて、
私自身も皆さんと一緒に学んでいけたら、と思っています。

今回のガイド動画はこちらからご覧頂けます!

天晴れ介護サービス総合教育研究所 株式会社
代表取締役 榊原宏昌

京都大学経済学部卒業後、特別養護老人ホームに介護職として勤務。
社会福祉法人、医療法人にて、生活相談員、グループホーム、
居宅ケアマネジャー、有料老人ホーム、小規模多機能等の管理者、
新規開設、法人本部の仕事に携わる。
15年間の現場経験を経て、
平成27年4月「介護現場をよくする研究・活動」を目的として独立。
介護福祉士、介護支援専門員
執筆、研修講師、コンサルティング活動を行う。
著書、雑誌連載多数(日総研出版、中央法規出版、ナツメ社など)。
年間講演、コンサルティングは300回を超える。
ブログ、facebookはほぼ毎日更新中。
オンラインセミナー、YouTubeでの配信も行っている。

天晴れ介護サービス総合教育研究所オフィシャルサイト

中央法規、日総研、ナツメ社等の著書一覧

天晴れ介護サービスのセミナー動画(経営から現場まで150本以上!)

週刊メールマガジン「介護現場をよくする研究&活動通信」

天晴れ介護サービス総合教育研究所「YouTubeチャンネル」

天晴れ介護サービス総合教育研究所「公式LINE」

朝日新聞系列の専門職サイト(毎日ブログを更新しております)

facebookアカウント(年間300回の講演・コンサルティング等の活動)

活動記録もっと見る

リンク