「課題分析(アセスメント)」を考える

合同会社鐵社会福祉事務所 代表社員 てつ福祉相談室 管理者鐵(てつ)宏之

前回のコラムでは「課題(ニーズ)」という言葉について書きました。今回は「課題分析(アセスメント)」について考えます。

前回の振り返り「課題(ニーズ)」=「問題」を解決する取り組み。利用者にとっての問題=「介護」が必要な状態

老企発第29号における課題

介護サービス計画書および課題分析標準項目の提示について(平成11年11月17日老企発第29号)別紙3生活全般の解決すべき課題(ニーズ)において

生活全般にわたるものであること自立の阻害要因と利用者及びその家族の現状認識が明らかにされていること

と記載されています。つまり、「課題(ニーズ)」とは利用者の個々の問題(介護が必要な状態)を解決する取り組み、であると言えます。単純に「~したい」と書くことが課題ではなく、課題の背景には必ず「問題」が存在しているのです。

「課題分析(アセスメント)」を考える

「課題(ニーズ)」は前述した通りですのでここでは「分析」を考えます。辞書の用語を参...

続きは無料登録で
この記事は限定です。無料登録すると続きをお読み頂けます。