歴史からICT活用へ

株式会社エンジョイライフサポーター代表取締役援JOYケアサポーター管理者畑野充則

周囲に流されず、自分で考えて行動する変わり者

歴史を知り、時代を読み、先手を打つことで生き残ることができる

こんにちは!富山県で居宅介護支援事業所と訪問介護事業所を経営しつつ、ケアマネジャーとしても勤務しております畑野充則と申します。

私が介護業界にやってきたのは、1999年3月のことでした。老人保健施設で相談員として入社し、まだパソコンもあまり普及していない時代でしたので、レセコンの操作を覚えながら相談業務も行っていたことを懐かしく思います。翌年の2000年4月より介護保険制度が始まりましたが、それに合わせるためにパソコンやソフト選びに携わることができ、業界のトレンドを知ることができたのも良い経験でした。当時、ソフト会社の営業マンがひっきりなしに営業に来たり、フェアの案内を持ってきて、会場で操作説明も何度も聞きました。結局選んだソフトは、大手の誰もが知っているものです。

バージョンアップはCDが送られてきて自分で行い、バックアップはDA...

続きは無料登録で
この記事は限定です。無料登録すると続きをお読み頂けます。